NEWS

2009/09/07
三菱商事:子会社サイトでカード番号5万件流出

三菱商事:子会社サイトでカード番号5万件流出
 三菱商事の子会社「デジタルダイレクト」(東京都中央区)が運営するインターネット通販サイトが、不正アクセスを受けてクレジットカード番号などの顧客情報が流出していたことが5日、分かった。同社で確認しているのは、5万2000件のクレジットカード番号と2万9000件のメールアドレス。ほかに氏名、住所、電話番号も流出した可能性があるという。

 流出したサイトは「サクワ ネットショッピング」と「ファン スタイル ショッピング」。05年9月の開設以降に同サイトを利用したすべてのカード番号情報が流出したおそれがある。

 デジタルダイレクトによると、6月29日、提携するカード会社から「顧客のカードが他店で不正利用された可能性がある」との指摘を受けた。その後の調査で不正アクセスが判明し、8月20日にサイトを休止。現時点で、昨年7月以降に中国や韓国、シンガポールなどから49件の不正アクセスがあったことが分かった。

 同社はメールなどで顧客への連絡を始めているが、「被害がどのくらいあるのか把握し切れておらず、今後の対応は検討中」としている。


ネットでの通信販売のマーケットが伸びる中、個人情報の漏えいの事故がなくなりません。
海外からの不正アクセスの原因が多くなっており、対策もいたちごっこで今後もリスクが軽減することはないだろうと思われます。

通販サイトを立ち上げている運営責任の方へ 

              

是非、売上げの管理とともにリスク管理も怠らないで下さい。
営業の推進とリスク管理は、ネット上での商売においては
両輪であることを再認識すべきではないでしょうか・・・・

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術