NEWS

2010/11/15
173万人の個人情報流出=パソコン向けパチンコゲームで

携帯電話やパソコン向けにゲームを配信しているサミーネットワークスは15日、パソコン向けパチンコゲームのサーバーに外部から不正アクセスがあり、約173万人分の会員IDやパスワード、電子メールアドレスなどの個人情報が流出したと発表した。クレジットカードや決済情報は別の会社が管理していたため、流出はなかった。
 被害を受けた「777TOWN.net」はインターネット上でパチンコやパチスロができるサービス。今年3月末時点の会員数は、有料が約20万人、無料が約156万人。
 不正アクセスが判明した10日にサービスを停止。15日までに具体的な被害が発生したとの報告は受けていないという。(2010/11/15-18:53 時事通信より)

********************************************************************
約173万人の個人情報が漏えいした場合、仮にお詫び状の作成が一人50円、郵便料金が80円とした場合、これだけで2億2490万円のコストになる。他に、記者会見費用、謝罪広告費用、クレーム対応のコールセンター費用、システムの修正、セキュリティ対策のコンサルティング費用、等このように、個人情報漏洩リスクかかる費用損害は、多大になるため、保険でリスクを転嫁するのが最大の効果的なリスクファイナンスになるのであろう。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術