NEWS

2011/01/07
企業のリスク対応、優先度トップは「情報漏れ」

企業のリスク対応の優先度は「「情報漏れ」 大手監査法人トーマツが6日発表した2010年日本企業のリスクマネジメント調査によると、機密情報の漏えいを警戒する企業が多かった。対応すべくリスク(複数回答)を質問したところ、25%の企業が「情報漏えい」をあげ、次いで「災害対策の不備」と「製品、サービスの品質のチェック体制の不備」が20%で並び、「国際会計基準(IFRS)への対応遅延」との回答が17%で続いた。


*******************************************************************
クラウド時代になり、情報のセキュリティの問題が今後ますます解決していかねばならない喫急の課題として企業につきつけている現況がわかります。

個人情報、機密情報等の情報漏えいリスクに、今加入している賠償保険がどこまで対応できるのか
今年度は再確認するべきタイミングにあるともいえます。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術