NEWS

2011/05/28
インテリア会社で情報流出か、カード不正利用も

インテリアショップ経営会社「ミサワ」(東京都目黒区)が運営するサイト「unicoオンラインショップ」のサーバーに海外から不正アクセスがあり、最大で1万6798件の顧客情報が流出した可能性があることが27日、分かった。


 このうち7316件についてはクレジットカード情報が含まれ、一部については実際に不正利用されたという。

 同社によると、流出の可能性があるのは、2009年4月15日~今年4月20日に同サイトで買い物をしたりサンプル請求をしたりした利用者の氏名や住所、メールアドレスなど。10年1月29日~今年4月20日にクレジットカードで決済した利用者については、カード番号や有効期限、セキュリティーコードなどが流出した恐れもあるという。

(2011年5月27日14時53分 読売新聞より抜粋しております)

******************************************************************

最近、個人情報漏えいの事故の記事をよくみかけます。
海外からの不正アクセスが原因とされてますが
各保険会社より販売されております「個人情報漏えい保険」では、対応できますか?
との質問をよく受けます。

その場合は、サーバーがどこにあるのかが大切はポイントの一つとなりますので
確認してください。

サーバーが海外にある場合、保険の支払いがされない保険会社が多いですので
海外にある場合の漏えい事故の対応の有無を保険会社へ再確認しておくべきでしょう。

また、近年、クラウド化が進んでいますが
やはりこの場合も、全世界でのサーバーにて情報を管理したり、システムを運営しているばあいが
多いので保険会社への確認が必要でしょう。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術