NEWS

2011/07/11
警察庁のHP閲覧できず サイバー攻撃か 3時間半大量アクセス

警察庁は11日、10日深夜から11日未明にかけて、同庁と国家公安委員会のホームページ(HP)にアクセスが集中し、閲覧できなくなる障害が発生したことを明らかにした。同庁はサイバー攻撃を受けた可能性もあるとみて、アクセスの発信元などの調査を進めている。

 同庁によると、HPのサーバーに大量のアクセスがあったのは10日午後10時25分~11日午前1時45分ごろまでの約3時間半。アクセス遮断などの措置を取った結果、復旧したという。

 警察庁は7日、昨年の尖閣諸島沖の中国漁船の衝突事件後に受けたHPへのサイバー攻撃について、発信元の9割が中国だったことや、ICPO(国際刑事警察機構)を通じて中国公安部に捜査協力を要請したことを公表している。

産経新聞 7月11日より

**************************************************************************
不正アクセスにより、閲覧できなくなったECサイトの喪失利益をどうするのか?


100%の収益をネット上で挙げている企業は、大震災並みのの大きなリスクを負うことになります。保険でヘッジするのなら利益保険の加入が最適だと思います。各損害保険会社によって違ってきますが、保険金の支払いを2時間以上断続的に中断した場合に、保険金の支払いが可能になりますので、仮に今回のケースを例にとりますと、3時間半の中断であれば、2時間以上になり、喪失利益は中断が開始した時間まで遡って計算され支払いの対象となります。(フランチャイズ方式と呼んでおります)

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術