NEWS

2012/10/16
分煙求め解雇は無効:会社(保険代理店)側に未払い賃金支払い命令

試用期間中に受動喫煙で体調を崩した男性(35)=東京都=が、勤務先の社長にベランダでの喫煙を求めた後に解雇されたのは不当として、解雇無効などを求めた訴訟で、東京地裁が会社側に解雇無効と未払い賃金475万円を支払うよう命じる判決を言い渡していたことが16日、分かった。

 弁護士によると、判決は8月23日付で、9月27日に会社側が控訴を取り下げ確定した。男性は既に退職し、別の会社で働いている。

 判決によると、男性は2009年11月、社長と社員合わせて計4人の保険代理店に入社。(共同)

********************************************************************************

タイトなスケジュール下でシステム開発に携わる技術者への雇用リスクは、不正アクセス同様、100%万全ということはありえません。 いますぐ、就業規則の見直しや専門家への相談費用・未払い賃金等の雇用リスクへの賠償責任保険の加入も検討してみるべきだと思います。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術