NEWS

2012/11/30
全日空 2月分の国内線・座席予約データ無効に

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221129000.html

全日空の来年2月の国内線予約のうち、約10万6000人分の座席のデータが取り消されていたことが分かりました。担当者の人為的ミスが原因だということです。


 全日空によりますと、失われたのは、26日午後6時までに予約された来年2月の国内線の座席指定のデータ10万6000人分です。システム担当者がデータを移行する際に座席指定部分を含めなかったのが原因で、航空券の予約自体は確保されているということです。予約していたのは、主に早期予約の利用客や旅行会社を通じたパックツアー客ということです。全日空は再びデータを入力するために、予約していた客にメールを送るほか、特設ダイヤルを開設して対応することにしています。

11月29日 ANNニュースより

********************************************************************************************************
セキュリティ対策の盲点は、いくらシステムを強化しても、モラルの問題とと人的なミスは避けられないこと。保険会社の約款では、人的なミスは、免責(支払いにならない)ケースもあるので、必ず確認することが必要である。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術