NEWS

2012/11/30
JAXA職員のパソコン ウイルス感染で情報流出か

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221130053.html

JAXA=宇宙航空研究開発機構の筑波宇宙センターの職員のパソコンがウイルスに感染し、内部に保存されていた新型ロケットの情報が漏えいした可能性があることが分かりました。


 JAXAによりますと、今月21日、茨城県つくば市の筑波宇宙センターで職員がパソコンを立ち上げたところ、ウイルスチェックで異常が見つかったということです。JAXAがパソコンをセキュリティー会社に依頼して解析したところ、パソコン内の情報が収集されていたほか、外部へ通信した痕跡が残っていたということです。パソコン内には、来年度に打ち上げ予定の新型の固体燃料ロケット「イプシロンロケット」の機器や設備の仕様のほか、運用に関する非公開情報が保存されていたということです。JAXAは新型ロケットの情報が外部に流出した可能性もあるとみて、パソコンのウイルス感染の経緯や通信先などについて調べています。

11月30日 ANNニュースより

***********************************************************************************************
軍事機密などの情報の漏えいは、グローバルで起こりえるサイバーウォーであろう。現在、水面下では、情報戦が繰り広げられており、不正アクセスによる情報漏洩などを起こし、企業の信用を失墜されていこうなど戦略的にこのような行為がとりこまれる可能性もあると考える。保険も国を越えたグローバルな対応ができる補償内容でしか意味がないものになってします

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術