NEWS

2013/04/04
ヤフーの社内システムに不正プログラム、会員情報127万件、流出前に検知

日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営する「ヤフー」(東京都港区)は4日、同サイトを管理するシステムに不正アクセスがあったと発表した。

 同社によると、不正アクセスがあったのは、2日午後9時10分ごろ。同サイトの利用者のユーザー名やパスワードのほか、パスワードを忘れたときの再設定で必要な情報など計約127万件を外部に持ち出そうとする不正プログラムが見つかった。すぐに、プログラムを強制停止したため、外部への情報流出はないという。


 同社は今後、不正アクセスの経緯などを調べる方針。


 会員約3万人分のアカウントで不正ログインの痕跡が見つかった検索サイト「goo(グー)」を運営するNTTレゾナント(東京都港区)は4日、新たに、約7万人分のアカウントでの不正ログインの痕跡が確認されたと発表した。


 現時点で、情報流出や不正利用、登録情報の改竄(かいざん)は確認されていないという。同社は不正ログインされた会員に対し、従来のパスワードでログインできないようしており、パスワードの変更を呼びかけている。

*********************************************************************************
IT業務を行っていない一般企業の社内の基幹システムが不正アクセスをうけ、クライアントの機密情報やオンライン化されている取引先のシステムをダウンさせていまったことによる賠償請求は、現状のIT賠償保険では、適用できないことが多い。 東京海上日動社のITのユーザー向けの賠償保険がIT業務を行わない企業のためのリスクヘッジが可能になる。 一度検討することも必要ではないだろうか。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術