NEWS

2013/04/03
ゆうパックの追跡情報サービスに4月1日から不具合発生、システム刷新がきっかけ

日本郵便は2013年4月3日、ゆうパックを利用した荷物の状況を表示する「追跡情報サービス」の一部に4月1日から障害が発生していると発表した。大量に荷物を出荷した法人で、出荷を受け付けた郵便局名が表示されないという不具合が起こっている。中継局や送り先に配達する局は表示できており、荷物の輸送に遅れは生じていない。「原因は不明で調査中」(日本郵便広報担当者)だが、「新システムへの切り替えが影響している」(同)という。


 日本郵便は3月31日午後10時から4月1日午前7時にかけて、構築中の次世代郵便情報システムの一部である宅配便システムを刷新。旧システムを停止して入れ替え作業を実施した。新システムを立ち上げたところ、「窓口が開く4月1日午前9時にエラーが発生し、不具合に気付いた」(同)という。現在のところ、復旧のメドは立っていない。

*******************************************
新システム切り替えのタイミングは、リスクが高くなる。このリスクをどう担保するか、通常保険会社の免責(保険が支払えない期間)は、1か月を設定している場合が多く、免責期間の修正や免責期間の設定がどうなっているのか確認したうえで、保険の導入を検討したい。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術