NEWS

2013/05/18
最大2200万件のID流出の可能性 -Yahoo! JAPANのID管理サーバに不正アクセス

 ヤフーは17日、ポータル(玄関)サイト「ヤフー!ジャパン」の管理システムで不正アクセスが見つかったと発表した。ネット通販などヤフーのサイトなどで様々なサービスを利用するときに使うユーザーIDが、最大2200万件流出した可能性があるという。ヤフーでは4月初めにも不正アクセスされた経緯があり、監視体制を強化していたばかりだった。


 ヤフー!ジャパンのIDは現在約2億件。ネットオークションなどで多額の入札ができる有料会員用のIDもある。


 ヤフーによると、16日午後9時ごろ、自社で管理するサーバーに不審なログインを検知。2200万件のIDが抽出されたファイルが作成されていたという。「IDが外部に持ち出された可能性はあるが、サービスを利用するためのパスワードや、パスワードを忘れたときに使う『秘密の質問』などは含まれていなかった」としている。

 サイト内のサービスはパスワードがわからなければ他人は使えないが、何らかの手段でパスワードとIDが一致するとサイト内のサービスを勝手に利用される可能性がある。

2013/5/18 0:12 日本経済新聞より

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術