NEWS

2014/09/25
JALで情報流出、マイレージ会員情報など最大75万件の可能性も

日本航空(JAL)は9月24日、同社の顧客情報管理システムからの情報流出を確認したことを明らかにした。流出した情報の内容は特定されていないが、同システムではJALマイレージバンクなどの会員情報を扱っているといい、約11万件から最大75万件の会員情報が流出した可能性がある。


 同社広報部によると、19日午前11時30分頃に顧客情報管理システムへのアクセス集中が発生し、システムの応答が悪化する状態になったという。対策を講じて同日午後11時半頃にアクセス集中はいったん解消したものの、22日午前11時頃に再び発生し、調査で普段使われていないPCからアクセスが行われていることを確認したという。24日にシステムからの情報流出が判明した。

 顧客情報管理システムで扱っていた情報は、マイレージバンク会員の会員番号や氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、勤務先、入会日などで、同社ではこれらの情報が流出した可能性があるとみている。パスワードとクレジットカード番号の流出は確認されていない。流出規模は推定で約11万件としており、流出時の状況によっては最大で約75万件になる可能性もあるという。

 同社では外部のセキュリティ専門機関の協力を得て、流出した情報内容の特定や原因などの詳しい調査を進めている。当面の対応として同システムにアクセスできる全てのPCで外部への接続を停止するなどの措置を実施した。特典交換などのマイレージプログラムは通常通り提供している。

ITmedia エンタープライズより

***********************************************************************************
コンピューターシステムに対してなされた不正アクセス、標的型メール攻撃(悪性コードの送付)、DOS攻撃などのサイバー攻撃に対して、被害状況の調査、証拠保全、被害拡大防止などの初期対応に要した費用を補償するような特約も保険会社より発売されている。

また、サイバー攻撃による情報漏洩により喪失した利益などもグローバルな範囲で補償できるケースもあるので、自社の加入している漏洩保険も再度見直しをしてみたらどうだろうか。

連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術