クレジット情報を持つというリスク

サイト上でのカード決済を狙ったクレジットカード情報の盗用リスクが高まっています。スキミングやフィッング詐欺の被害など世間を騒がせていますが、私自身もカード会社より不正使用の連絡をうけたこともあり、リスクが身近に感じられます。

 

カード決済システムにおいては、認証サービスを設定し忘れるだけで、一瞬にしてクラッカーによってデータを引きだされ、不正使用されてしまう可能性が高まり、システム会社やネット販売業者のクレジット情報漏えいにともなう経済的損害は、計り知れません。

151116%20kureka.bmp

お問い合わせはこちらから
連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術