不正アクセスにより営業ができなくなる

不正アクセスやシステムダウン、人的ミスなどにより自社のシステムが停止し、営業利益や経常費を補償するための保険が、利益保険になります。

*利益保険は、一般的な名称であり保険会社により商品名・商品内容は異なります。

支払いする保険金は以下の通りです。

1)利益条項
喪失利益および収益減少防止費用を補償します。


①喪失利益
事故が生じた結果、営業が休止または阻害されたために生じた損害のうち、付保経常費および事故がなかったならば計上することができた営業利益の額

②収益減少防止費用
標準営業収益に相当する額の減少を防止または軽減するために事故発生の後、支払期間終了までに生じた必要かつ有益な費用のうち通常要する費用を超える額

(2)営業継続費用条項
営業継続費用を補償します。


保険料を算出するためには、保険会社が用意している質問書に記入する必要があります。

以下、主な内容を抜粋してます。(保険会社により内容は相違しています)

①基幹となるシステム系について、その名称、そのシステムを使用して遂行する業務、システムにどのような障害が想定されるか、またシステムがダウンした場合にどのような代替システムがあるか、
②ホストコンピュータ(およびそのバックアップコンピュータ)の所在地は同一かどうか
③コンピュータ室・データ保管室において、自動火災報知器(VESDA、煙探知機等)、消火設備(スプリンクラー、噴霧器等)、排煙設備が設置しているか
④停電時に備えて、自家発電設備を設置しているか
⑤使用している通信回線サービスについて
⑥外部ネットワークとの関連について
⑦障害時、災害時の対応マニュアルを整備しているか
⑧退職もしくは解雇した従業員のID、パスワードはすみやかに消去しているか
⑨コンピュータウィルスへの対策について

などなど、質問に回答頂いたうえで、保険料をご案内致します。


利益保険金の支払い方法は、以下の通りです。ご参照ください。

(注1)事故発生直前12ヶ月のうち、ネットワークのダウンにより収益減少の影響を受けた期間に応答する期間の売上高を以て定めます。(例えば、H23年1月から3月までネットワークのダウンにより収益が減少した場合は、H24年1月から3月までの売上高をもって売上高とします。)

(注2)ネットワークのダウンが発生したにもかかわらず、計上することができた売上高をいいます。

(注3)売上高から事故発生期間の売上高を控除した金額をいいます。

(注4)貴社の営業利益と経常費の合計金額を売上高で除した値の範囲内の値をもって契約時に定めます

(注5)損害額から、免責金額を控除して、保険金額を限度として保険金をお支払いいたします。

%E5%88%A9%E7%9B%8A%E4%BF%9D%E9%99%BA3.bmp

お問い合わせはこちらから
連絡はこちらへ0120-347-277 平日9時~18時、祝祭日は除く

東京eコンサルティング サイト概要

  • サイト運営会社紹介
  • サイト管理責任者紹介
  • プライバシーポリシー
  • 賠償リスクを保険で軽減する技術